スポンサーリンク

【猫アレルギー】実は突然の発症の可能性も!その対策とは。

猫を飼いたい!という方や猫を飼っている!という人の多くは,「自分は猫アレルギーではないから大丈夫」と思ってる方が多いのではないでしょうか?そもそも,自分が猫アレルギーでなければ,それについて考えもしない,という方がほとんどですよね。

しかし,「飼い始めてからアレルギー症状が出始めた」とか,「ずっと飼っていたけれど急にアレルギーになった」という話を聞いたことがありませんか?

そんな「突然の猫アレルギー」について,少し見てみましょう。

結論

猫アレルギーを抑える方法は抜け毛の対策をすること!
毎日の掃除とブラッシングが重要!!

でも時間がないという人は。。。
洗濯で根本から解決する方法を記事の最後に記載しました!!

スポンサーリンク

猫アレルギーって突然発症するの?

そうは言っても,突然猫アレルギーが発症するなどということが本当にあるのか。疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと,突然発症することは,「あります」。

と言うのも,猫アレルギーに限らず,花粉症などを筆頭にアレルギーというのは,必ず生まれつき持っているだとか遺伝によるものだとかいったものだけではなく,後天的にも発症するものなんです。

そもそもアレルギーとは,免疫反応が過剰に働く状態のこと。つまり,もとは体外の異物から体を守る働きの1つです。

これが猫アレルギーの場合は,猫の毛や尿,フケなどがこの異物にあたります。アレルギーを引き起こすこれらの異物のことを「アレルゲン」と呼びます。

このアレルゲンを吸い込んだりして体内に蓄積し,それが一定量を超えたときに拒絶反応として起きるのがアレルギー反応です。免疫機能が低いと発生しやすくなるので,睡眠や食生活など,生活習慣も発症に関係してきます。

このざっくりとした説明でイメージしにくい人は,スズメバチの毒によるアナフィキラシーショックをイメージしてみてください。スズメバチに1回刺されても腫れるだけで,2回目に刺されると死に至るということもあるというあれです。これも,スズメバチの毒という異物に対して,過剰な免疫反応が起こる例です。

猫アレルギーの症状とは

それでは,実際に猫アレルギーを発症した場合,どのような症状が出るのか,見ていきましょう。

ネコアレルギーの症状は,主に,目や鼻,喉,皮膚に現れます。これらの症状は,アレルゲンを体外に排出しようとして起こるものがほとんどです。

まず,目に現れる症状としては,目がかゆくなってしまう,赤くなる,目や瞼が腫れる,涙が出るなどといったものがあります。

次に,鼻に現れる症状としては,鼻水が大量に出る,くしゃみが多く出るなどが挙げられます。

そして,喉に現れる症状としては,喉が赤くなる,腫れる,そしてそれらによって喉が痛くなったり,かゆくなったり,声が出なくなったりします。

最後に,皮膚に現れる症状ですが,こちらは皮膚がかゆくなる,赤くなる,じんましんが出るなどといったものが挙げられます。

もしも猫を飼っていてこういった症状が出たら,猫アレルギーの発症を疑いましょう。

猫アレルギーの予防・克服法は?

最初にお話した通り,アレルギーは,アレルゲンの蓄積によって発症します。つまり,予防や克服の方法としては,アレルゲンとの接触を減らすことが有効です。では,どうやってアレルゲンとの接触を減らしていけばいいのかについて,見ていきましょう。

まずは,そもそものアレルゲンの発生を抑える方法です。

抜け毛やフケの対策としては,猫に対して,定期的にシャンプーしてあげることやブラッシングをしてあげることが有効です。シャンプーに関しては月に2~3回ほど,ブラッシングに関しては週に2~3回ほど実施してあげると効果的です。

他にも,キャットフードによって抜け毛などの対策をすることも可能です。オメガ脂肪酸という物質には抜け毛などを軽減する効果があるので,これを多く含むものをあげるようにしてもいいでしょう。

また,新しく猫を飼うという人には,猫の品種選びによってアレルギーの発症リスクを抑えるという方法もあります。品種によってアレルゲンの保有量は異なり,少ない品種としては,シャムやベンガル,ロシアンブルー,サイベリアンなどが挙げられます。

次に,発生したアレルゲンとの接触を抑える方法です。

部屋の掃除をこまめにしたり,そもそも起毛のカーペットなどを減らすことで,抜け毛が部屋に付着・残留する量を減らすことができ,接触を抑えることができます。

また,加湿器や空気清浄機などをこまめに使ったり,換気をまめにすることで,部屋の空気中に漂っているアレルゲンとの接触を減らすこともできます。シャンプーやブラッシングの間だけでもマスクを付けたりすると,さらに効果的ですね。

ほかにも,猫アレルギーに限った対処法ではありませんが,手洗い・うがいを徹底することなども有効です。これによって体内に侵入するアレルゲンを減らすことが可能です。

あとは,少しだけ触れましたが,免疫機能が低下しているとアレルギーは発症しやすくなるので,栄養バランスの整った食事や十分な睡眠,適度な運動などをすることによっても,発症や症状悪化のリスクを軽減することができます。

 

ネコの抜け毛処理がめんどくさいあなたへ

 

猫抱っこすると洋服にくっつく毛の対策どうしてますか??


コロコロが簡単だとは思いますが完全に取れないばかりか時間かかりますよね?
しかもネコの抜け毛だけでなく、衣類の繊維も取れてしまいお気に入りの服の寿命が減ってしまいます。

毎日のブラッシングをすることでネコの抜け毛対策はできますが、時間がなかったりネコが嫌がってブラッシングをさせてくれないことってありますよね?

そんなときには私はネコの抜け毛が服につかないようにすればいいかも!と思いました。

悩んだあげく見つけたのが、これです。

 

リモサボン。
これは洗濯洗剤なんですね。

 

 

ペット用の洗濯洗剤ていろいろ出てますが、その多くが服についた抜け毛を取るためですよね?
非常に便利なんですけど、結局出かける前にはコロコロしないとですよね?

 

リモサボンは洗濯時に毛が取れるだけでなく、リモサボンを使って洗濯した洋服にはその後ネコの抜け毛がつきにくくなるんです。

 

リモサボン=元から毛がつきにくくなる
これだけ覚えればいいですね。

毛がつきにくくなる理屈は?

「再付着防止効果」「帯電防止効果」のダブルコーティングで、毛がつきにくくなります。

 

 

リモサボンの効果がわかりやすいのは数日使ってからです!

1日目の洗濯時はめちゃくちゃ取れません。
ですが、説明書きにある通り、

洗えば洗うほど効果を発揮するんです。

モニター調査での満足度が

1週間 54.5%

2週間 78.1%

1ヶ月 81.3%

1ヶ月使った方の81%が効果を実感!!したそうです。
わたしもかれこれ半年使ってますがめちゃくちゃつきにくいし、手で払うだけですっと取れますね。

 

 

 

リモサボンはちょっと高価な洗剤(600g3300円)

一個600g入りで3300円(税別)

これ普通の洗剤と比べるとお高いですよね。
ですが、600gですので約一ヶ月持つくらいですね。

つまり1日100円超えるぐらいですね。
リモサボンがただの抜け毛用洗剤なら高いですが、普段使いできる洗剤ですのでいままで無駄にしていたコロコロやガムテープで取っていた時間を節約可能です。

また、全額返金保証制度がついているので「効果が実感きない。」という場合は全額返金されるので安心です。

さらに宅配も可能なので(2970円(税別))いちいち買い物に行かなくても大丈夫です。

キャンセルに関しても電話一本で解できるのでとりあえず試してから判断でもいいんじゃないでしょうか?

全額返金保証といい、コースの縛り無しといい、商品に自信がある証拠ですね。とにかく少しでも気になった方は試してみてみるのがいいと思います。ダメなら即返金連絡できるので、安心。

ここから購入可能です。

これはただの洗剤ではございません。 ペットの抜け毛がつきにくくなる <衣類用液体洗剤>『リモサボン』です。

普通の洗濯洗剤よりは値が張りますが、毎回毎回のコロコロ代や、時間の節約、服の寿命を考えると安くつくんじゃないかと思い半年も使っています。

ネコの抜け毛がついてもいい服は普通の洗剤で、付くと嫌な服はリモサボンで洗えばより節約になります。
成分も中性、無着色、蛍光塗料は使用していていないので安心。

何より動物にも優しいのです。

そして匂いもしっかり除去してくれます。服についた動物臭的なども無臭化できるそうです。

 

 

コロコロからの卒業をしませんか?

猫アレルギーかな?と思ったらすぐに病院へ!

いくつか対策法をご紹介しましたが,これらは発症の可能性を下げたり,症状の悪化を予防したりといった,あくまで予防策にすぎません。

対策をしているから大丈夫,ではなく,アレルギーかな?と思ったらすぐに病院へ行きましょう。内科や皮膚科,アレルギー科などの受診が効果的です。血液検査によって簡単にアレルギー発症の有無を検査することができます。これから猫を飼おうと思っているという人も,アレルギーが心配であれば受診して検査しておくといいかもしれません。

もしも,症状が出ても放置してしまうと,呼吸困難などの重篤な症状につながることもあります。猫アレルギーには完治させる治療法はまだありませんが,症状が軽いうちに受診することで,投薬や体質改善などによって症状を緩和することが可能です。

また,早期に発見して生活環境の改善などに努めることで,猫アレルギーを発症しても猫と一緒に暮らすことは可能です。

いかがでしたでしょうか?

猫アレルギーを発症する可能性は誰にだってありますが,予防や対策なども,簡単に始めることができます。

また,猫アレルギーを発症してしまったからといって,それまで一緒に暮らしてきた猫と離れなければならないわけではありません。

あなた自身のためはもちろん,猫のためにも適切な対処をしながらアレルゲンとの接触がなるべく少なくなるような生活環境を整えて,猫と一緒に快適な暮らしをして行きましょう。

コメント