スポンサーリンク

猫は臭い?家の中の匂いを感じさせない部屋作りは可能です。

猫を家で飼っていると家の中が臭くなると思っている方は多いのではないでしょうか。我が家では猫を2匹飼っていますが、来客があると、「えっ、猫ちゃんいるの!全然臭いが気にならないわねー」とよく感心されます。
本来、猫自体は体から臭いをほとんど発しない生き物なので、猫を飼っていても工夫次第で臭いを感じさせないお部屋作りが可能です。今回は我が家での猫の臭い対策について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

猫は臭い?まずは猫トイレのチェックを

先ほども述べましたように、猫自体は本来臭いのしない生き物です。猫の背中に顔をうずめてにおいをかいでみると、驚くことにほぼ無臭です。猫は肉食動物でもともとは狩りをしなければ生きていけなかったため、獲物に自分の体臭で存在を気づかれないように体臭のしない体のつくりができているそうです。猫をよく知らない人は猫は臭いなどと先入観をもっていることが多いですが、健康な猫はまったく臭くありません。

猫が居る部屋が臭いと感じるほとんどの場合は、猫のトイレが臭いことによって部屋が臭くなっている場合です。猫は体臭はほとんどありませんが、おしっこやウンチは臭いです。とくにウンチはすぐに処理をしないと部屋中に臭いがたちこめます。世の中のいわゆる猫は臭い、というのはこの臭いのことだと思います。我が家は主婦の私が猫がウンチをするとすぐに処理をするので、このウンチ臭が抑えられているのが臭いのしない最大の原因かと思います。ウンチを取るときにはこびりついた砂もきれいにとりきるのがポイントです。

猫がお留守時にウンチをしてしまって、しばらくそのままになってしまうとやはり部屋は臭くなってしまいます。我が家の猫は、猫自身も臭いのが嫌なのか、ウンチは基本的に猫のトイレの置いてある部屋に人がいるときにします。朝起きて猫を見るとウンチをしにいった、なんてこともよくあります。人がくるまで我慢できるのかはわかりませんがちょっとかわいいです。

半日以上の長時間外出すると猫トイレにウンチがしてあることがありますが、そんなときはやはり部屋が臭うので窓を全開にして喚起します。

ちなみに猫はきれい好きな生き物なのでウンチは猫砂をまいた猫トイレを用意してあげればよほどの理由がないかぎりは猫トイレでしてくれます。おしっこも基本的には猫トイレ以外ではしないです。猫トイレ自体が汚れていると猫は猫トイレを使ってくれなくなることもあるようなので、猫トイレはいつも清潔に保つことが大切です。

猫がいる家の匂い対策:臭い対策を考えた猫トイレ選び

猫の臭い対策には猫のトイレ選びが重要です。我が家では現在デオトイレ、デオサンド、デオトイレ専用シートの組み合わせとにゃんとも清潔トイレ、にゃんとも清潔トイレ用の砂、にゃんとも清潔トイレ専用シートの組み合わせの2種類の猫トイレを使用しています。

どちらもいわゆるシステムトイレといわれるタイプの猫トイレで、ウンチは都度取って処理する必要がありますが、おしっこはトイレ下の引き出しに敷いた専用トイレシートを1週間に1度取り替えるだけで良いというお手軽なものです。トイレ砂の交換は1か月に1度でよく、その際にトイレ本体を庭で洗っています。

 

我が家で使用している猫のシステムトイレの構造は2段構造になっており、すのこ状になった上の段にトイレ砂をまき、引き出し上になっている下の段に専用トイレシートを敷くものです。

我が家には5歳のシャムミックスくんと1歳のラグドールくんがいるのですが、シャムミックスくんはにゃんとも清潔トイレ、ラグドールくんはデオトイレを使用しています。どちらもトイレのデザイン自体はあまり違いがないのですが、トイレ砂の材質が異なるので、好みがわかれるようです。

 

デオトイレのトイレ砂はシリカゲルとゼオライトでできているので表面がつるっとした感じのペレット状になっているのにたいして、にゃんとも清潔トイレのトイレ砂は針葉樹でできているので表面が木材っぽいざらっとした感じのペレット状になっています。トイレ砂は無臭タイプのものを選んでいますが、にゃんとも清潔トイレのトイレ砂はほんの少しヒノキっぽい香りがします。

デオトイレもにゃんとも清潔トイレもすべて純正品で揃えており、定期的にトイレ砂とシートは取り替えているのでたしかにどちらもおしっこをたくさんしたあとでも臭いがまったくといっていいほどしません。CM等でも臭いがしないと言っているのはこのことだと思います。

我が家ではシャムミックスくんをお迎えした当初はトイレの失敗が一番少ないとされる、細かくて固まるタイプのベントナイトでできたトイレ砂と桶上の猫トイレを使用していました。おしっこをすると砂が固まるタイプのもので、システムトイレと違っておしっこでも毎回取る必要があります。臭いはおさえるタイプのものを選んでいましたが、固まったおしっこをすべて取り切るのは難しく、なんとなくいつも臭っている感じがしました。

ウンチも当然すぐに取らないと臭います。猫がトイレにいくたびに気にしないといけなかったので、結構大変でした。
なので、システムトイレに買い替えたときは、処理の手軽さと臭わなさに本当に感激しました。幸い我が家のシャムミックスくんはシステムトイレもすぐ覚えてくれたので買い替えの苦労はありませんでした。敢えていうなら、システムトイレはシート代が余分にかかるのと、トイレ砂自体も固まる猫砂の倍くらいの価格なので、ラーニングコストは3倍ほどになってしまいました。ただ、猫トイレの臭いと処理のストレス軽減を考えると出しても良い出費ではないかと思います。

猫トイレをシステムトイレに買い替えたことが猫臭い部屋が猫臭くなくなった最大の原因かと思います。

猫の汚物処理の袋選び

猫のトイレ選びと合わせて臭い対策でこだわったことで臭い抑制に役立っているアイテムがあります。取った猫のウンチを処理する際に入れる袋です。ゴミ箱は臭い遮断構造のペダル式のごみ箱を使用しています。ゴミ箱で臭いは遮断できるので臭くないはずなのですが、汚物の処理の際にゴミ箱を開けるたびにすごい臭いがするので困っていました。そこでゴミ箱ではなく、汚物を入れる袋自体をかえてみようとおもったのです。

我が家ではウンチが臭わない袋BOSという小さなビニール袋を毎回のウンチ処理や臭いの気になる猫の汚物処理に使用しています。この袋は介護施設や病院で汚物処理に使われている袋と同じ素材です。

この袋を使用する前はスーパーで150枚200円くらいで売っている透明の小さなビニール袋を使用していました。捨てる際には毎回しっかりとビニールの口を縛っていましたが、どうしてもゴミ箱を開けるときにウンチの臭いがぷーんとただよってきて臭かったです。
袋をウンチが臭わない袋BOSに変えてからはゴミ箱を開けてもあの嫌なにおいがほとんどしなくなりました。

猫は臭い?家の中の匂いを感じさせない部屋作りは可能まとめ

いかがでしたでしょうか。我が家の猫の臭いは猫のトイレと汚物処理の袋の買い替えで劇的に改善しました。猫自体は臭くない生き物なので、やはり環境要因的なところが猫臭いと感じる要因になってきます。猫を飼っていて猫の臭いが気になるようでしたらまずは猫のトイレの見直しと、猫の汚物処理の袋をかえてみてはいかがでしょうか。この2点だけでも臭いが劇的に改善する可能性があります。

コメント