その湿疹は猫アレルギーかも!?原因・対処まとめ

大好きな猫だけど,なでようと思って近づくと顔などに湿疹が出てしまい,かゆくてたまらない。そんな人は,猫アレルギーかもしれません。

猫アレルギーと聞くと,鼻水やくしゃみなどの症状を連想するかもしれませんが,湿疹も症状の1つであり,どの症状が出やすいかというのは個人差があるんです。

そこで,猫アレルギーによる湿疹について,原因や対処法などを中心にまとめました。

なぜ湿疹が出るのか

そもそもアレルギーというのは,免疫機能の働きで,体内に侵入した異物に反応して体を守ろうとする働きが過剰に行われている状態です。

この,アレルギーを誘発する異物のことをアレルゲンと呼ぶのですが,猫アレルギーの場合,猫が持つFeld1というたんぱく質がアレルゲンになっているといわれています。このFeld1は,猫のフケや唾液,尿などに含まれています。また,唾液に含まれているFeld1は毛づくろいなどの際に猫の毛にも付着しています。

猫アレルギーによる皮膚の湿疹は,このFeld1という物質が体内に侵入することで,免疫機能の働きによって体内に抗体がつくられます。その抗体が,皮膚に多く存在する細胞に付着することでヒスタミンという化学物質が放出され,それによって皮膚が赤くなったり,湿疹やかゆみなどの症状が出てくる,という仕組みで発症します。

また,猫アレルギーのアレルゲンは花粉の10分の1ほどの大きさしかないため,空気中に漂っていきやすい性質を持っています。そのため,直接猫に触れていなくても,空地中を漂うアレルゲンに接触してしまったり,吸い込んでしまったりすることでアレルギーの症状が出てしまうこともあるります。

なので,猫に触れなければ大丈夫,という訳ではなく,同じ空間にいる際には注意が必要です。

対策・予防法は?

 

では,猫アレルギーの症状が出ないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。ここから,その対策法をいくつか挙げていきます。

まずは,なるべくアレルゲンに触れないようにすることです。猫アレルギーのアレルゲンだけでなく,ダニやハウスダストなど,他のアレルギーの原因となるアレルゲンも減らしましょう。というのも,免疫機能の付加を減らすことによって,アレルギーの発症を抑制すことにつながるからです。

そのためにできる方法としては,毛足の長いカーペットなどを避けたり,シーツや毛布・布団などをこまめに洗濯することが効果的です。カーテンをリネン質に変えたりするのも効果があります。アレルゲンとなりうるものが発生・蓄積する場所をとにかく減らすことが大切です。

また,こまめに部屋の掃除をすることも非常に大切です。部屋が汚れたままでは,アレルゲンは蓄積するどころか増殖してしまう恐れさえもありますね。なお,掃除の際には掃除機をかけるだけではなく,ひと手間加えて水拭きすることでさらに効果的になります。アレルゲンとなりうるものをふき取ると共に舞い上がってしまうことの抑制にもつながります。

そして,アレルゲンを吸い込んでしまうことを防ぐためにはマスクをすることも効果的です。外に出るときだけでなく,部屋の掃除をするときなどにもマスクをつけることで,掃除の際に舞い上がったアレルゲンを吸い込むことの防止につながります。

次に,アレルゲンと触れても症状を出さないための対策も徹底しましょう。例えば,うがいや手洗いをこまめに行うことが大切になります。屋外から帰った時はもちろん,猫などに触れたときなど,こまめにうがいや手洗いをすることで,皮膚や喉,口内に付着したアレルゲンを除去しましょう。

他にも,免疫機能を強化することも非常に大切です。免疫機能は体調に大きく左右されるので,健康的な生活を心がけることで発症のリスクを抑えることにつながります。栄養バランスの整った食事や質・量ともに十分な睡眠,適度な運動などを生活の中でしっかり取り入れましょう。

症状が出た場合にはどうする?

これらの対策をしていても,症状が出てしまうことがあります。特に,アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎,ぜんそくなどを持っている人は猫アレルギーも発症しやすいといわれています。また,アレルギーの発症には遺伝も関わっているので,親がアレルギー持ちだった人は自分も発症するかもしないということを頭に入れておきましょう。

そして,症状が出た場合には,必ず病院に行きましょう。皮膚科やアレルギー科などの受診がお勧めです。湿疹の原因によって,異なる治療法が必要となるため,病院で原因を検査することが必要です。症状が長引いたり悪化したりということを防ぐためにも,すぐに受診することが大切です。適切な治療と投薬で早期回復を目指しましょう。

また,症状が猫に触れた後に出た,などという場合には,石鹸やハンドソープなどで触れた部分を丁寧に洗い,肌に付着したアレルゲンを洗い流すことが大切です。そのあとで,保冷剤などを使ってその部分を冷やすようにしましょう。

こういった応急処置を抑える丁寧に行うことによって全身にじんましんが出たり,皮膚以外の目や鼻などの症状につながったり,かゆみから掻きむしりすぎて皮膚炎を起こすなど,二次的な被害につながったりすることの防止になります。

なお,発症した後でも,対策・予防法を徹底することで症状の緩和につながります。

突然発症?油断は禁物

 

また,猫アレルギーを含むアレルギーは,体内へのアレルゲンの蓄積などによって後天的に発症することも珍しくありません。自分は猫アレルギーではないから大丈夫,という風に油断することなく,対策をしっかりとするのが大切です。

猫アレルギーでない人も,前述したような対策をしっかりとすることで猫アレルギーを発症するリスクを減らすことが可能です。

そのため,猫アレルギーのような症状が出たなと思ったらすぐに病院で検査を受けることをお勧めします。血液検査で,他のアレルギーなどに関しても同時に調べることができるので,他のアレルギーなどの件さも兼ねて受診してみてはいかがでしょうか。

いかがでしょうか?アレルギーというのは,対策を徹底することによって発症のリスクや症状の重さを軽減することが可能です

しっかり理解して,猫アレルギーに悩まない生活を手に入れましょう。

コメント