皮膚の異変は猫アレルギーのせいかもしれないよ!

肌に湿疹が出ていたり,なんだかかゆかったり。そんなあなたは,もしかしたら猫アレルギーではありませんか?

ずっと飼っているけど,これまでアレルギー症状が出たことないという場合でも,猫アレルギーは突然発症することがあります。また,飼ってないという場合でも,屋外で猫に近づいていたりするかもしれません。

今回は,そんな猫アレルギーとお肌についてのお話です。

猫アレルギーの皮膚の症状

 

猫アレルギーの場合の皮膚に現れる症状にはいくつかの種類があります。

例えば,猫に触れた部分の皮膚がかゆくなったり,猫に触れた後で全身がかゆくなったりすることがあります。かゆいからといって掻きすぎると,皮膚が破れて血が出てしまったり化膿してしまったりするので,掻きむしらないようにしましょう。

また,猫に引っかかれたりした場合や,あるいは触れただけでも,その部分の皮膚が腫れ上がる場合があります。

他にも,アレルギーと聞いてイメージしやすい症状の一つではありますが,猫に触れた部分にポツポツと赤い発疹が出てきたり,ひどい場合には全身の皮膚にじんましんが出たりすることがあります。

こうなってくると,下痢やめまい,呼吸困難などの重篤な症状の前触れとも取れるので,急いで病院に行くことをお勧めします。

そもそも,猫アレルギーじゃないと思う

 

猫は飼っているけどこれまでにアレルギー症状が出たことが無いが故に,これらの症状が出ても猫アレルギーではないと思ってしまう人も多くいます。しかし,猫アレルギーは後天的に発症することもあるので,そういう場合でも猫アレルギーの可能性はあるんです。

そもそも,猫アレルギーは,猫が発する複数種類のアレルゲン(抗原)が体内に侵入した場合に,免疫機能が入ってきたアレルゲンを異物として排除しようとする働きが過剰に行われてしまい,結果として体調が悪くなる状態です。

なので,同じ人でもその時の体調や,アレルゲンとの接触量,体内でのアレルゲンの蓄積量によって猫アレルギーを発症することがあるんです。そのため,少しでも猫アレルギーらしき症状が出た場合には,すぐに皮膚科や内科,アレルギー科などの受診をすることをお勧めします。

どう対処すればいいのか

 

こういった症状への対処ですが,もちろんまずは病院へ行くことが一番です。血液検査などで手軽にアレルギーの有無を検査してくれる上に,他のアレルギーの有無も同時に検査することができるので,何らかのアレルギーらしいと思ったら急いで受診することが大切です。

病院での検査を受けることで猫アレルギーなのかどうかが分かる上,必要な薬が処方され,症状を緩和することができます。ただし,基本的には猫アレルギーの治療,というよりは,かゆみや腫れ,発疹,じんましんという症状に対してそれを抑えるような薬の処方がほとんどとなっています。

その上で,家庭でも気を付けられることはいくつもあります。

特に,肌の特定の部分だけに症状が出ている場合は,そこが猫もしくはその毛などに触れている可能性が高いです。なので,部屋の掃除を徹底しましょう。落ちている猫の毛に触れて症状が出てしまっている可能性があります。

また,接触を避けるために,抜け毛が絡みつきやすい毛足の長いカーペットなどは使わない,カーテンなどの布製品はこまめに洗濯する,寝室には猫を入れないなど,自分の身の回りに猫のアレルゲンが付着しうる環境がなるべくなくなるようにしましょう。

また,猫に触る際には手袋をする,猫に触った後にはきれいに手を洗うなどといったことも効果的です。

また,空気中に漂うアレルゲンを吸い込んでじんましんが出てしまう可能性もあるので,加湿器や空気清浄機などを使用したり,こまめに部屋の空気を入れ替えたりすることも効果的です。

猫に対しても,定期的にシャンプーをしたり,ブラッシングをしたりして,抜け毛やフケの発生を可能な限り抑えるようにするといいでしょう。

なにより,体調の影響により免疫機能が低下してアレルギー反応を起こすこともあるので,普段から栄養豊富な食事,必要量の睡眠と適度な運動によって,体調をいい状態にキープしておくことも予防においてとても大事ですね。

これらの心がけによって,症状が改善する可能性があります。

アレルゲンって??

 

最後に,猫の持っているアレルゲンについて少しお話しておきます。猫の持つアレルゲンは,現在は8種類あることが分かっています。これらのアレルゲンは花粉やほこりの10分の1ほどの大きさしかなく,猫を飼ってない家でも飛散により入ってきている恐れがあります。

まず,猫アレルギー患者の実に9割もが反応を示すといわれるアレルゲンが「Fel d 1」というものです。そして,猫アレルギー患者の約2割が反応するといわれているのが「Fel d 2」というアレルゲンです。また,「Fel d 3」というアレルゲンに対しては猫アレルギー患者の6~9割が交代を持っているとされています。

さらに,猫の唾液に含まれる「Fel d 4」というアレルゲンは,馬やマウス,ラット,イヌなどの持つアレルゲンと非常に似ており,これにアレルギー反応を起こした人は,これらの動物にも同じく反応を起こしやすいといわれています。

また「Fel d 5」と「Fel d 6」はともに猫アレルギー患者の4割弱が交代を保有しており,「Fel d 7」は,イヌのアレルゲンとよく似た性質を持っています。また,「Fel d 8」は馬の持つアレルゲンとよく似た性質を持っています。

この中でも猫アレルギー患者には特に,「Fel d 1」と「Fel d 4」によるアレルギー反応が現れている場合が多いようです。

このように,猫アレルギーを持つ人は他の動物に対して,また,馬やマウス,ラット,イヌばどに対するアレルギーを持つ人は,猫アレルギーを発症しやすいといわれています。そのため,ペットとして飼っているわけでもなければ,何の動物のアレルギーなのかの特定は困難です。必ず,病院で検査を受けましょう。

いかがでしたでしょうか。咳や鼻水,くしゃみといった症状の場合は,風邪などの可能性も出てきますが,発疹やじんましんなどの肌に現れる症状に関しては,何らかのアレルギーである可能性が高いです。

皆さんも万が一の場合に備えて,アレルギーの症状や対処法についてきちんと把握しておくと共に,普段からきちんと徹底していきましょう!

コメント